初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 兵庫県フォトライブラリーNo.20 宍粟と神河の観光スポット

2019.08.29

連載兵庫県フォトライブラリー

兵庫県フォトライブラリーNo.20 宍粟と神河の観光スポット

兵庫県フォトライブラリーNo.20

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • 宍粟市
  • 連載記事
  • 兵庫県フォトライブラリー
  • テーマ
  • スポーツ
  • テーマ

兵庫県の魅力を写真で紹介するシリーズもついに20回目を迎え、一旦これで最終回です。今回は兵庫県のちょうど真ん中あたりにあるハート型をした町「神河町」と、その西側にあり2005年に4つの町が合併してできた大きな「宍粟市」の観光スポットをご紹介します。いずれも内陸の山間部に位置しており、豊かな自然に囲まれた地域です。宍粟市の北側にある「音水湖」のカヌー競技場の様子、「原不動滝」「御形神社」、南側にある「国見の森公園」、神河町の映画のロケなどにも使われる「峰山高原」「砥峰高原」と隣接する2つのスポットを取り上げます。

***このページに掲載されている画像をご利用いただけます***
このページは、兵庫県のフォトライブラリーとなっており、フリー素材としてご利用いただけます。
兵庫県公式観光サイト「HYOGO!ナビ」フォトライブラリーよりダウンロードしていただけるようになる予定ですが、現在準備中です。準備が整いましたら、当サイトのTOPページ「お知らせ」にて告知いたします。

【音水湖のカヌー】

宍粟市の北部にある音水湖(おんずいこ)は、ダムで水をせき止めることによってできた人口湖です。本格的なカヌー競技施設が整っている他「音水湖カヌークラブ」では、カヌーのレンタルやレッスンを行っており、気軽にカヌーを楽しむことができます。
音水湖カヌークラブとお客様にもご協力いただいて撮影した写真をご覧ください。

【原不動滝】

日本の滝100選にも選ばれている名瀑で、木々の合間を三段に分かれて流れ落ちる姿が美しい滝です。駐車場から滝までは、吊り橋を渡ったり、石段を登ったり15分ほど歩く必要があります。

滝壺の上に架けられた吊り橋の上から見るようになっており、写真に撮ると吊り橋のワイヤーがどうしても写ってしまいます。また、吊り橋は揺れますので、三脚を使っての撮影は困難です。

【御形神社】

奈良時代に創建された由緒ある神社で、祭神は古事記にも登場する大国主命です。神社の本殿は室町時代後期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。
毎年、その年の干支が描かれた縦4.5m、横7.2mの大絵馬が飾られることで知られています。

【国見の森公園】

宍粟市の南側、中国自動車道の山崎インターチェンジより車で10分、国見山の中にある自然公園です。

駐車場のある麓から、ミニモノレールで山上に上がることができます。ミニモノレールの軌道は約1100メートルあり、山の斜面をゆっくりと登っていきます。このミニモノレール、なんと無料で利用することができます。予約運行となっていますので、利用する場合は必ず予約してください。

山上には、山上学習館という木工工作室・学習室などを備えた建物や木々に囲まれた芝生の広場があります。様々な野鳥が見られ、バードウォッチングにはもってこいの場所です。また、ミニモノレールの山上駅から15分ほど歩くと国見山の山頂に到着し、ここには木造の円柱形展望台があり、眼下に広がる田園風景を眺めることができます。

ミニモノレールから撮影

ミニモノレールから撮影

山上学習館

展望台

展望台からの眺め

《比地の滝》

ミニモノレールの山麓駅から5分ほど歩いたところにある滝で、中世には滝の上に寺院がありましたが、羽柴秀吉の永水城攻めの際焼き払われたと伝えられています。
小さな滝ですが、山間をひっそりと流れる美しい滝です。

【峰山高原リゾート】

神河町にある峰山高原リゾートは、播但道神崎南ICより約30分と車でのアクセスが便利で、2017年12月にオープンしたスキー場「峰山高原リゾートホワイトピーク」が人気を集めています。日本国内では、14年ぶりにオープンしたスキー場として話題になりました。
スキーシーズン以外は、「峰山高原リゾートグリーンピーク」として、グランピング施設やキャンプ場、リラクシアの森、山上にある巨大なジャングルジム「tic!tac!クライム MINEYAMA」など、様々なアトラクションを楽しむことができます。

≪峰山高原リゾートリラクシア≫
スキー場のすぐ横にあるリゾートホテルです。四季を通じて、様々な目的で利用できるホテルです。星空観察のスポットとしても知られています。

≪リラクシアの森・ノルウェーの森≫
ホテルリラクシアの敷地内にある「リラクシアの森」は、映画「ノルウェイの森」のロケ地になりました。森はクヌギやナラの落葉樹の木立が続き、季節によって表情を変える幻想的な森です。森の中には小さな川が流れていて、つり橋が架かっています。
散策道は整備されており、撮影地まで案内板があります。ホテルから森の奥まで散歩して、往復1時間程度です。

≪センターハウスとグランピング施設≫
センターハウスは、スキーシーズンには、スキーのレンタル受付、売店、食堂などがあり、スキー場の中心となる施設です。

そのすぐ後ろにあるのがグランピング施設です。グランピングテント内は絨毯が敷き詰められ、冷蔵庫やヒーター、扇風機もあり快適に過ごせます。夕食は豪華なBBQ、リラクシアのお風呂を利用することもできます。

≪リフト(マウンテンライン)≫
第2リフト「マウンテンライン」は、全長758mのペアリフトです。スキーシーズン以外も運行しています。

リフトから見た、峰山高原リゾートリラクシアの全景

≪tic!tac!クライム MINEYAMA≫
第2リフトの頂上、標高1015mにある絶景巨大ジャングルジムです。2019年4月にオープンしました。最大30人が同時に入場可能、高さ10メートル、幅20mの巨大クライミングアトラクションです。60種類の難易度別コースがあり、子供から大人まで楽しめます(身長100㎝以上から参加可能)。

ジャングルジムの上からの眺め

【砥峰高原】
砥峰高原は、標高約900m、なだらかな起伏の斜面約90haにわたりススキの草原が広がっています。
雪彦峰山県立自然公園に指定されており、このような大規模なススキ草原は、学術的にも自然景観要素としても貴重な草原です(写真は春の様子)。このススキ草原を守るために、毎年春には「山焼き」が行われます。夏には緑の草原が広がり、秋には銀色の穂が波打ち、冬には一面の雪景色となります。
映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」、「軍師官兵衛」などのロケ地にもなりました。
(冬季は積雪のため通行止になります。)

とのみね自然交流館

*撮影:トラベルガイド株式会社 阿部吾郎

撮影スポット情報

HYOGO!ナビ フォトライブラリー

写真家情報

兵庫県フォトライブラリー詳細

得意分野 風景 拠点 28兵庫県 所属団体 --
分類 自治体

公益社団法人ひょうごツーリズム協会のフォトライブラリーです。

▲pagetop