初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 兵庫県フォトライブラリーNo.17 明石海峡大橋と明石・須磨の観光スポット

2019.08.28

連載兵庫県フォトライブラリー

兵庫県フォトライブラリーNo.17 明石海峡大橋と明石・須磨の観光スポット

兵庫県フォトライブラリーNo.17

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • 明石市
  • 連載記事
  • 兵庫県フォトライブラリー
  • テーマ
  • 季節

兵庫県の魅力を写真で紹介するシリーズの第17弾は、さまざまなビュースポットから見た「明石海峡大橋」の風景、その明石海峡大橋を歩いて渡り橋脚の最上部にも登ることができる「明石海峡大橋ブリッジワールド」、その他明石と須磨の人気観光スポット「大蔵海岸BBQ ZAZAZA」「明石城公園」「須磨山上遊園」「須磨離宮公園」をご紹介します。

***このページに掲載されている画像をご利用いただけます***
このページは、兵庫県のフォトライブラリーとなっており、フリー素材としてご利用いただけます。
兵庫県公式観光サイト「HYOGO!ナビ」フォトライブラリーよりダウンロードしていただけるようになる予定ですが、現在準備中です。準備が整いましたら、当サイトのTOPページ「お知らせ」にて告知いたします。

【明石海峡大橋ビュースポット】

世界一の吊り橋、明石海峡大橋を見渡せるビュースポットを紹介します。


≪舞子公園≫
舞子公園は、明治33年7月25日にできた兵庫県立都市公園第1号です。明石海峡大橋を真下、東側、西側から見ることができる絶景スポットです。
「夢レンズ」は、明石海峡大橋架橋5周年に、明石海峡大橋の生みの親である第12代神戸市長の原口忠次郎氏の偉業をたたえて建立された記念モニュメントです。
また、舞子公園は夕日スポットとしても人気があります。

夢レンズ

≪大蔵海岸≫
夏は海水浴で賑わう大蔵海岸。明石海峡大橋の全景と淡路島を望むことができます。

≪須磨山上遊園≫
鉢伏山の山頂にある回転展望台から、明石海峡大橋を見渡せます。
後程、詳しくご紹介します。

≪淡路サービスエリア≫
明石海峡大橋を渡り、淡路側に入ってすぐのところにあるサービスエリアです。上下サービスエリアに明石海峡大橋を見渡せる展望所があります。

≪道の駅淡路≫
淡路島側の明石海峡大橋のたもとにある道の駅です。ここからは大迫力の明石海峡大橋を見ることができます。間近に見える明石海峡大橋と海峡を行きかう船が視野に収まる、絶好のビュースポットです。

【明石海峡大橋ブリッジワールド】

「明石海峡大橋ブリッジワールド」は、世界最長の吊り橋 明石海峡大橋の塔頂へ登る見学ツアーです。神戸側の橋の起点にある「橋の科学館」で受け付けを行っています。

最初にツアーリーダーからツアーの概要説明を受けます。ツアーリーダーは実際に橋の建設に携わった方々です。次に展示室で建設技術や歴史などの説明を聞き、幅広管理路と言う車道の下の通路(海上約50m)を淡路島方面へ約1㎞歩いてエレベーターに乗ります。約2分で98階、海上300mの塔頂に到着します。

神戸側主塔の塔頂から360°の絶景パノラマを楽しむことができます。

※要事前予約、参加者は中学生以上(中学生は、大人の同伴者が必要)

塔頂部の様子

上の5枚は、塔頂部から神戸側を見た風景

上の2枚は、塔頂部から淡路島側を見た風景

【大蔵海岸BBQ ZAZAZA】

大蔵海岸にあるバーベキュー施設。2019年4月にリニューアルオープンしました。

目の前が大蔵海岸の海水浴場(夏期)、明石海峡大橋・淡路島を一望できるロケーション抜群のBBQサイトです。屋根があるので雨の日でも安心です。

1Fはバーベキューエリア、2Fはバー&バーベキューエリア、屋上階は「CAFE&BAR」になっています。

【明石城公園】

明石城は、1619年(元和5年)、初代明石藩主小笠原忠政(後の忠真)によって築城されました。明石公園は明石城の城跡を中心に、1918年(大正7年)4月、県立公園として開設されました。

本丸跡に残る巽櫓、坤櫓は国の重要文化財に指定されています。約55haの広大な園内には、4つの広場、野球場や陸上競技場などスポーツ施設、大きな池やバラ園、県立図書館などがあります。
また、「さくらの名所100選の地」に選ばれている桜の名所です。園内には約1000本のソメイヨシノが咲き、春になるとお花見客で賑わいます。

【須磨山上遊園】

須磨浦山上遊園は、1959年開園、須磨区の鉢伏山と旗振山の山頂一帯に広がる公園です。須磨浦ロープウェイで鉢伏山上駅に到着し、さらにカーレーターを乗り継ぐと回転展望閣に到着します。

カーレーターとは、昭和41年3月に開通したロープウェイ山上駅と回転展望台を結ぶベルトコンベアで動くゴンドラで、今も当時の姿のまま運営されています。「乗り心地の悪さ」が評判で、今では地元の名物になっています。

回転展望閣の屋上展望台からの眺めは絶景で、「神戸らしい眺望景観50選.10選」に選定されています。神戸の夜景とライトアップされた明石海峡大橋が一望できる人気の夜景スポットでもあります。
お花見スポットとしても人気があります。

ロープウェイ山上駅と回転展望閣を結ぶカーレーター

ロープウェイ山上駅のカーレーター乗り場

2つ上の写真の内部がこちら

上の6枚の写真は、回転展望閣の屋上展望台からの眺め

【須磨離宮公園】
1967(昭和42)年、皇太子殿下(現上皇陛下)のご成婚を記念して造営された公園です。

須磨区の丘陵地帯にある82ヘクタールの広大な都市公園で、西洋式庭園を中心とした本園と植物園を備えています。本園のレストハウス前のポセイドン広場からは、青い海と空、欧風噴水庭園を見渡せます。

植物園には、鑑賞温室、和室、和庭園があり、滝もあります。梅、桜、アジサイ、もみじと四季折々の花木を楽しむことができます。

*撮影:トラベルガイド株式会社 阿部吾郎

撮影スポット情報

HYOGO!ナビ フォトライブラリー

写真家情報

兵庫県フォトライブラリー詳細

得意分野 風景 拠点 28兵庫県 所属団体 --
分類 自治体

公益社団法人ひょうごツーリズム協会のフォトライブラリーです。

▲pagetop