初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • MRC
  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 秋のカナダのご紹介 メープル街道後半編

2020.05.14

連載伊東浩の「メープル街道をゆく」

秋のカナダのご紹介 メープル街道後半編

伊東 浩の「メープル街道をゆく」 Vol.7

  • 旅の撮影スポット
  • オンタリオ州
  • 紅葉
  • 伊東浩の「メープル街道をゆく」

ケベックシティーから、このモントランブランまで約400kmの道のりを紅葉前線を追いかけてきました。10月の初旬だと、モントランブランあたりが紅葉最前線。我々はここで紅葉前線を追い越して、オタワ、トロント、ナイアガラと進みます。この先は紅葉には早いですが、カナダの都市観光をお楽しみください。

ではまずは、カナダ首都オタワに向かいましょう!

モントランブランから南西方面に降りると、紅葉も少なくなる。

途中にあった「Castle」でも王様が住んでいたわけではなく、古い地方の名士の建物を利用した複合商業施設のようだ。

オタワ川に沿ったの国道の一角、たまたま紅葉の綺麗な場所があった。

モントランブランから、オタワ方面、南西方向に降りていくと南東側のモントリオール方面とは大きく異なって、紅葉まだ早いようです。たぶん気流の方向なども大きく作用しているのかもしれません。ルート的には「メープル街道」ですが、緯度的にも南に行くために、オタワの手前で紅葉前線を追い越してしまいました。

この後オタワから列車でトロントに向かうのですが、オタワで、列車乗車までに少し時間があるので、市内プチ観光をしてみました。

有名なフランスの彫刻家、ルイーズ・ブルジョワの作品「ママン」。国立美術館の前庭にあります。あれ? 他にもあったか??

首都なので、カナダ政府の庁舎。

カナダ国会議事堂、重厚なつくりですね。

オタワ市内に入ってくると、国立美術館がまず目立ちます、そしてその前庭に「蜘蛛のオブジェ」があります。そう、日本の六本木ヒルズにあるのと同じ作品ですね。このオブジェは世界で7体ほどが常設で展示され、何体かは持ち回りされているらしい。ここ、カナダの美術館と日本のも常設展示です。
この美術館を過ぎると、国会議事堂が見えてきます。カナダの首都なのでここは政府系の建物が集められています。オタワでの見どころはこの議事堂の一角と旧市街の青空マーケット。 

ではこの青空マーケットを紹介しましょう

季節の果物が所せましと並んでいます。

フルーツ盛り合わせ、おいしそう。

季節柄、カボチャオブジェも売られています。

オタワのオープンマーケットは、観光客ばかりでなく、地元民も多く買い物に訪れます。特に地場の野菜や果物は人気があるようです。お土産にメープルシロップなども売っています。オタワに行ったら、立ち寄ってみてください。 

オタワには午前中の短期滞在でしたが、ガイドさんの計らいにより、オタワのエッセンスを漏れなく見た感じです。さてオタワからはトロントまで、3時間ほどの列車の旅になります。今回は昼食付のビジネスクラスで行きました。さあ トロントに向けいざ出発~  

撮影スポット情報

関連記事

写真家情報

伊東 浩詳細

得意分野 風景 拠点 13東京都 所属団体 日本旅行写真家協会
分類 プロカメラマン

東京都小金井市在住。日本旅行写真家協会(JTPA) 正会員
大手カメラメーカー退職後、写真家に転身。季節や時代で変化する、一期一会の街並みを撮り歩く。また地元自治体で「大人の遠足撮影会」を実施し、初心者から上級者まで受講者多数。

▲pagetop