初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 兵庫県豊岡市の撮影スポットをご紹介します

2018.05.03

兵庫県豊岡市の撮影スポットをご紹介します

猫崎半島

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • 豊岡市
  • テーマ

豊岡市は、平成17年4月1日、兵庫県の北東部に位置する1市5町(豊岡市、城崎町、竹野町、日高町、出石町、但東町)が合併してできたまちです。北は日本海、東は京都府に接し、中央部には母なる川・円山川が悠々と流れています。海岸部は山陰海岸国立公園、山岳部は氷ノ山後山那岐山国定公園に指定され、多彩な四季を織りなす自然環境に恵まれています。そんな豊岡市の撮影スポットをご紹介します。

【猫崎半島】
海辺の町、竹野浜には猫崎半島に沿ったハイキングコースがあります。JR竹野駅からコースの入り口までは25〜30分ほどです。ハイキングは片道約2.3 km、往復約2時間かかります。ところどころ急な丘もありますので、歩きやすい靴をお勧めします。コースの先端は、兵庫県最北端の猫崎灯台があります。

【竹野浜】
穏やか透き通った水と1キロほど続く白い砂浜、竹野浜は海水浴に最適です。海水浴場は7・8月に公式にオープンし、期間中は多くの人でにぎわいますが、期間外でも海水浴が楽しめます。竹野は環境省による海水浴場百選にも選定されており、JR城崎温泉駅から北へひと駅のJR竹野駅から徒歩20分です。

【玄武洞公園と石のミュージアム】
玄武洞公園は5つの洞から形成され、内4つはそれぞれの方角にある4つの神様にちなんで命名され、洞窟内は歩道が整備されています。円山川沿いの玄武洞ミュージアムにはギフトショップやカフェがあり、現在は改装中のため閉鎖されていますが2018年3月24日に再開されます。詳細については次のリンクをご覧ください。

【豊岡のコウノトリ】
コウノトリは豊岡の希望を象徴しています。一度は消滅したコウノトリですが、兵庫県と豊岡市の保護活動により野生への復活が果たされました。 現在では野生のコウノトリの数は徐々に増えています。コウノトリの生息地で、野生のコウノトリを観察してみてください。

【たんとうチューリップまつり】
たんとうチューリップまつりは、例年4月下旬に開催されます。300種類以上、百万本ものチューリップが見られます。このうち10万本のチューリップは、毎年好評のフラワーアートに使われます。このお祭りは城崎温泉から30kmほどの美しい里山で開かれます。

*このページの文章・写真は JAPAN TIMELINE より転載しています。
http://www.japantimeline.jp/

撮影スポット情報

写真家情報

一般社団法人豊岡観光イノベーション詳細

得意分野 風景 拠点 28兵庫県 所属団体 --
分類 自治体

豊岡観光イノベーションは、2016年6月1日に豊岡市が中心となり交通事業者、金融機関が設立した観光推進の専門機関です。専門知識やノウハウを持つスタッフが、官民のネットワークを使いながら、皆様の事業を支援します。

▲pagetop