初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • MRC
  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 【イポー】巨大な産業遺産TT5(TANJUNG TUALANG TIN DREDGE NO.5) ☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.3☆☆☆

2020.08.17

連載トラベルガイド・マレーシア・アネックス

【イポー】巨大な産業遺産TT5(TANJUNG TUALANG TIN DREDGE NO.5) ☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.3☆☆☆

☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.3☆☆☆

  • 旅の撮影スポット
  • イポー
  • 歴史的建造物
  • トラベルガイド・マレーシア・アネックス

マレーシア第3の都市イポーから車で40分ほどのバトゥ・ガジャにあるTT5。TT5とは、TANJUNG TUALANG TIN DREDGE NO.5の略称でタンジュン・トゥアランに設置された5番目の錫浚渫(しゅんせつ)機を意味します。19世紀半ばからペラ州は錫の採掘で栄え、その中心都市イポーは億万長者の街と呼ばれました。

☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス☆☆☆

トラベルガイド株式会社が運営する、旅と写真.comの姉妹サイト「トラベルガイド・マレーシア」は、システムの老朽化等の事情により現在サイトの更新が中止されています。
今後、マレーシアに関する情報は、旅と写真.comの「トラベルガイド・マレーシア・アネックス」に掲載いたします。

1913年、バトゥ・ガジャに始めて錫の浚渫機が導入されました。そして、1938年に導入されたのが唯一現存するTT5(タンジュン・トゥアラン錫浚渫機ナンバー5)です。1982年までの44年間運用され、その後マレーシア鉱業公社よりペラ州に寄贈され、産業遺産として保存されています。錫の価格低下により、錫浚渫機はほとんどが解体されましたが、TT5は唯一当時の形のまま現存しています。
設備の総重量は4500トン、長さ75メートル、幅35メートル、深さ3.1メートル、33メートルの深さまで浚渫可能で、浚渫用バケット115個を備えています。

冒頭の写真を含め、4方から撮影した施設の写真をご覧ください。

この施設は、錫鉱脈がある池の上に浮いています。1枚目の写真では巨大なブリッジが見えています。採掘した錫をここから運び出します。
2枚目、3枚目の写真では、錫をくみ上げるバケットが確認できます。

連なったバケットを池の下に落として行き、底を削るようにして錫を採掘していきます。

バケットを操作するワイヤーやギアなどの設備。

こういう、古い施設は廃墟感もあって、なかなか写欲をそそります。映画のロケ地に使われたこともあるそうです。

なんと、この方日本語で説明してくださいました。
なお、通常の見学ではガイドは着きません。今回は特別な視察ツアーでした。
しかし、ビジターセンターでお願いしたら説明してくれるかもしれません。

ビジターセンターにある、TT5の仕組みを開設したパネルです。
これを見ると、だいぶイメージがつかみやすいと思います。

敷地内に、砂金採りの体験コーナーもあります。

撮影スポット情報

関連記事

写真家情報

トラベルガイド(株)詳細

得意分野 風景 拠点 11埼玉県 所属団体 --
分類 企業

「旅と写真.com」の運営会社。マレーシアの旅行情報サイト「トラベルガイド・マレーシア」の運営も行う。
その他、海外ツアー企画、旅行コラムなどのコンテンツ提供、写真素材の販売などを行っている。

▲pagetop