初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • MRC
  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 【クアラルンプール】ペトロナスツインタワーとシンフォニーレイクの噴水ショー ☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.1☆☆☆

2020.08.02

【クアラルンプール】ペトロナスツインタワーとシンフォニーレイクの噴水ショー ☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.1☆☆☆

トラベルガイド・マレーシア・アネックス NO.1

  • 旅の撮影スポット
  • マレーシア
  • 夜景

マレーシアの首都クアラルンプールのランドマーク「ペトロナスツインタワー」、その夜景を楽しむならやはりKLCCパークのシンフォニーレイクの前からが一番。毎晩8時になると噴水ショーがスタートします。写真を撮るには、ちょっとしたコツが必要です。

☆☆☆トラベルガイド・マレーシア・アネックス☆☆☆

トラベルガイド株式会社が運営する、旅と写真.comの姉妹サイト「トラベルガイド・マレーシア」は、システムの老朽化等の事情により現在サイトの更新が中止されています。
今後、マレーシアに関する情報は、旅と写真.comの「トラベルガイド・マレーシア・アネックス」に掲載いたします。

噴水ショーは、KLCCパークのシンフォニーレイクで、毎晩8時、9時、10時45分の3回行われます。時間は約10分です。ショーの時間以外でも、カラフルにライトアップされた噴水が見られます。
さて、噴水ショーの1回目は8時で、写真を撮るのに最も適した、いわゆるマジックアワーは、だいたい7時30分ごろです。これは、年間通してほとんど同じです。
このため、空が真っ暗になる前のブルーや、夕焼けを背景にペトロナスツインタワーを撮影するには、ショーの開始より30分ほど早くきて撮り始める必要があります。
まだ、噴水はそれほど高く上がりませんが、十分きれに撮影できます。

噴水ショーが始まるころには、だいぶ暗くなっていますが、ほんのわずかに光が残っている感じです。やはり、撮影するなら1回目の8時からがおすすめです。

ペトロナスツインタワーは、かなり明るいので手持ちでも撮影可能です。しかし、きれいに撮ろうと思えばやはり三脚の使用をおすすします。スローシャッターで、噴水もきれいに撮れます。
上の写真は、絞り優先で撮影して、F13 SS5秒 ISO100という設定です。噴水の色が変化するので、もう少し短いシャッタスピードの方が、色がはっきり出るかもしれません。

レンズは、広角でないと横位置は入りません。シンフォニーレイクのツインタワーの真向かいの位置からだと16mmぐらいレンズが必要です。縦位置なら24mmで入ります。

噴水の色が刻々と変化していきますので、どんどんシャッターを切りましょう。

場所を変えて、シンフォニーレイクの左の方から撮影しました。

シンフォニーレイクの後ろに、小さな橋があります。ここも人気の撮影スポットですが、場所が狭いので撮影の順番待ちができていることがあります。
噴水全体を入れて撮れるので、ここもおすすめです。

シンフォニーレイクでの撮影が終わったら、ツインタワーからKLCCパーク内を5分ほど歩くと到着する、トレーダースホテルの33階にある「スカイバー」に行ってみましょう。
33階なのに、窓がない部分があるので、ここからもツインタワーがきれいに見えます。
カクテルでも飲みながら、クアラルンプールの夜を楽しんでください。

撮影スポット情報

関連記事

写真家情報

トラベルガイド(株)詳細

得意分野 風景 拠点 11埼玉県 所属団体 --
分類 企業

「旅と写真.com」の運営会社。マレーシアの旅行情報サイト「トラベルガイド・マレーシア」の運営も行う。
その他、海外ツアー企画、旅行コラムなどのコンテンツ提供、写真素材の販売などを行っている。

▲pagetop