初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. フォトテクニック > 
  3. 川名廣義作品集Vol.1 「森林」

2019.09.18

川名廣義作品集Vol.1 「森林」

糠平湖の朝、大気と湖水の温度差で発生する「けあらし」(きり)が発生

  • フォトテクニック
  • 種類
  • カメラマン作品ページ
  • 場所
  • 日本国内

10月初め北海道上士幌町(かみしほろちょう)の糠平湖から三国峠周辺の森林を撮影した。カラマツが多くを占める森林地帯だが白樺、ダテカンバ、紅葉も見られる。北海道遺産の旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群が廃線となった今も残り観光名所となっている。

糠平温泉郷の朝の残月

けあらしを背景に糠平湖畔の葉を黄色に染め始めた白樺

けあらしと染め始める紅葉樹

朝日が山あいを登り白樺の上から光が当たり始める

朝霜のついた落ち葉

糠平川橋梁(旧国鉄士幌線が通っていた、今は遊歩道)

糠平国道(R273)沿いの白樺林

糠平国道を三国峠からみる

三国峠から見えるダテカンバ

三国峠で見られた昼の月

糠平湖

参考URL

写真家情報

川名廣義詳細

得意分野 風景 拠点 13東京都 所属団体 日本旅行写真家協会
分類 プロカメラマン

東京都大田区出身
カメラ会社で開発、販売企画、ギャラリー等を担当し退職後フリー写真家として活動。
作品制作に取り組みながら写真関連記事執筆やアマチュア写真家の指導を行う。
写真作品は個展やグループ展で発表を続ける。
八重山諸島の自然をライフワークとする。
倉敷フォトミュラル・フォトスタジアム講師、休暇村写真教室講師。
日本旅行写真家協会正会員(理事)

▲pagetop