初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

  1. 旅と写真.com > 
  2. フォトテクニック > 
  3. APS-Cサイズ

2017.05.16

連載カメラ用語集[アルファベット]

APS-Cサイズ

カメラ用語集「APS-Cサイズ」

  • フォトテクニック
  • 種類
  • 撮像素子
  • レベル
  • 連載記事

メーカによりややばらつきが有るが、約23mm×15mm程度の大きさを持つ撮像素子のサイズ。アスペクト比 3:2。

フィルムカメラのAPSカメラの画面サイズに近い大きさの撮像素子をAPSサイズという。APSカメラには、APS-C、APS-H、APS-Pの3種類があったが、デジタル一眼レフカメラに採用されているのはAPS-Cがほとんどである。
35mmフルサイズ用のレンズを、APS-Cサイズのカメラに装着すると、焦点距離が1.5~1.6倍となる。100mmのフルサイズ用のレンズをAPS-Cサイズカメラで使うと150mm~160mmの焦点距離となる。

参考URL

写真家情報

旅と写真.com事務局詳細

得意分野 -- 拠点 -- 所属団体 --
分類 団体

旅と写真.com事務局では、記事を寄せていただく写真家の皆様のお世話をさせていただくとともに、ユーザーの皆様のお役に立てる「写真用語集」などのコンテンツ作成も行っております。

▲pagetop