初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. フォトテクニック > 
  3. RAW(ロウ)

2016.11.14

連載カメラ用語集[アルファベット]

RAW(ロウ)

カメラ用語集「RAW」

  • フォトテクニック
  • 種類
  • 記録
  • レベル
  • 中級
  • 連載記事
  • カメラ用語集[アルファベット]

カメラ用語集「RAW」 「ロウ」と発音する。デジタルカメラの撮像素子に取り込まれた後、デジタル現像が為される前に記録メディアに記録されたイメージファイルフォーマットの総称。

RAW(ロウ)とは、デジタルカメラの撮像素子に取り込まれた後、デジタル現像が為される前に記録メディアに記録されたイメージファイルフォーマットの総称。フィルムで言うと未現像状態の画像データのこと。形式がカメラメーカ独自のため、互換性が無く、メーカーが提供する現像ソフト(フォトレタッチソフト)でJPEGファイルにする。ホワイトバランス、露出などをレタッチの際に変更できるのも大きな利点。
階調整に富み調整範囲が大きいが、PCの専用のソフトでの作業が必要となる。 データ自体は圧縮されたり非圧縮で使われたりする。 非圧縮の場合、画質の劣化は無いが、ファイルサイズが大きく、PC上でやや扱いにくいことがある。
デジタル一眼レフカメラでは、RAWとJPEGを同時に記録できる機種が主流。

参考URL

写真家情報

旅と写真.com事務局詳細

得意分野 -- 拠点 -- 所属団体 --
分類 団体

旅と写真.com事務局では、記事を寄せていただく写真家の皆様のお世話をさせていただくとともに、ユーザーの皆様のお役に立てる「写真用語集」などのコンテンツ作成も行っております。

▲pagetop