初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. フォトテクニック > 
  3. 中央部重点測光

2016.11.14

連載カメラ用語集[た行]

中央部重点測光

カメラ用語集「中央部重点測光」

  • フォトテクニック
  • 種類
  • 露出
  • レベル
  • 中級
  • 連載記事
  • カメラ用語集[た行]

カメラ用語集 「中央部重点測光」とは、画面の中央部を重点的に測光する測光モードのこと。

カメラの内部には、反射式の露出計が埋め込まれており、TTL測光を行って被写体の明るさを判断している。TTL測光とは、Through The Lensの略で、実際に撮影レンズを通過した光で、測光する方式のこと。
TTL測光を行う際、カメラが被写体の明るさを図る方法がいくつかあり、一眼レフカメラ、ミラーレスカメラなどでは、露出モードを切り替えることができる。
このうち、「中央部重点測光」とは、画面の中央部を重点的に測光する測光モードのこと。画面中央部にメインの被写体を大きく配置する場合に有効。カメラによっては、中央部の測光する範囲を調整できる。

参考URL

写真家情報

旅と写真.com事務局詳細

得意分野 -- 拠点 11埼玉県 所属団体 --
分類 団体

旅と写真.com事務局では、記事を寄せていただく写真家の皆様のお世話をさせていただくとともに、ユーザーの皆様のお役に立てる「写真用語集」などのコンテンツ作成も行っております。

▲pagetop