初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. フォトテクニック > 
  3. AE(Automatic Exposure)

2016.11.14

連載カメラ用語集[アルファベット]

AE(Automatic Exposure)

カメラ用語集「AE(Automatic Exposure)」

  • フォトテクニック
  • 種類
  • 露出
  • レベル
  • 初級
  • 連載記事
  • カメラ用語集[アルファベット]

「AE(Automatic Exposure)」に関して説明します。AEとは被写体の明るさに関わらず、撮影された画像が適度に明るい画像となるよう、自動的に調整する仕組みのこと。

被写体の明るさに関わらず、撮影された画像が適度に明るい画像となるよう、自動的に調整する仕組みのこと。AEとはAutomatic Exposure(自動露出)の略です。

カメラの説明書を見ていると、「プログラムAE」「シャッター速度優先AE」「絞り優先AE」といった言葉が出てくると思います。初心者は、「プログラムAE」に頼り勝ちですが、「シャッター速度優先AE」と「絞り優先AE」がどういうものであるかを理解し、使いこなすことができれば、確実に写真のレベルが一段上がります。

プログラムAE
自動露出の一種で、被写体の明るさに応じて、カメラが絞り値、シャッター速度を、自動的に決めて制御する自動露出制御方式。 撮影者は露出に関しては、カメラ任せでいいので、失敗撮影が減るメリットがあるが、被写界深度や被写体ブレなど、撮影者の意図とは必ずしも一致しない可能性が大きくなる

シャッター速度優先AE
撮影者が、シャッター速度を決めると、そのシャッター速度で撮ったときに適正な露出となるよう、必要な絞り値やISO感度をカメラが自動的に設定・制御すること。動きの被写体を止めて撮る必要があるときに便利なAE(自動露出)方式である。

絞り優先AE
撮影者が、絞り値を決めると、その絞り値で撮ったときに適正な露出となるよう、必要なシャッター速度やISO感度をカメラが自動的に設定・制御すること。被写界深度を重要視して撮る必要があるときに便利なAE(自動露出)方式である。

コマンドダイヤル イメージ

カメラのコマンドダイヤルなどでは、P=プログラムAE S=シャッター速度優先AE A=絞り優先AE M=マニュアルと表記される。

参考URL

写真家情報

旅と写真.com事務局詳細

得意分野 -- 拠点 11埼玉県 所属団体 --
分類 団体

旅と写真.com事務局では、記事を寄せていただく写真家の皆様のお世話をさせていただくとともに、ユーザーの皆様のお役に立てる「写真用語集」などのコンテンツ作成も行っております。

▲pagetop