初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

協力団体

  • ウェンディー
  • 日本旅行写真家協会
  1. 「旅と写真.com」TOP > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 【妖怪に出会えるまち・兵庫県福崎町】~辻川山公園~

2018.01.27

【妖怪に出会えるまち・兵庫県福崎町】~辻川山公園~

閑散とした公園の池から突如現る河童の兄弟「ガタロウ・ガジロウ」と子ガッパたち。超リアルすぎて泣き出す子も…シャッターチャンスは一瞬ですのでお見逃しなく!

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • 福崎町
  • テーマ
  • テーマパーク

 兵庫県福崎町は日本民俗学の父といわれている、柳田國男のふるさとであり、彼の著書で様々な妖怪が登場します。中でも辻川山公園の池から出てくる河童は、柳田が書いた回顧録「故郷七十年」で登場する「河童(ガタロ)」の弟役として誕生しました。川で待ち伏せていて、遊びに来た子供たちのお尻から、尻子玉を抜いてしまう愉快なヤツです。その他にも、思わず写真撮影したくなるようなリアルな妖怪像が盛りだくさん!ぜひこの兵庫県福崎町にお越しくださいね。

閑散とした公園の池から突如現る河童の兄弟「ガタロウ・ガジロウ」と子ガッパたち。超リアルすぎて泣き出す子も…シャッターチャンスは一瞬ですのでお見逃しなく!

【ストーリー】

 福崎町には、市川という大きな川が流れています。この川の岸に駒ケ岩という大きな岩がありますが、そこには以前、河童の兄弟、兄の河太郎(ガタロウ)と弟の河次郎(ガジロウ)が住んでいました。二匹は、川へ水遊びにやってきた子どもの足を掴んで引きずり込み、「尻子玉」を抜いてしまうのです。
 やがて、子どもたちは河童を怖がって誰も駒ケ岩で遊ぼうとしなくなりました。二匹の兄弟は、自分たちのせいだと後悔しました。ある日、みんなの寝静まった夜、河太郎たちは柳田國男先生に謝ろうと、駒ケ岩から生家のあるこの辻川山公園にやってきたのです。二匹は柳田國男先生に会いたくて、毎日毎日この池で待っていました。兄の河太郎は池のほとりで、弟の河次郎は皿が乾くと困るので池の中で、それぞれ待つことにしました。
 二匹は、何年も何年も柳田國男先生を待ち続けました。とうとう兄の河太郎は頭の皿の水がなくなって、固まって動けなくなってしまったのです。こうして河太郎は、池のほとりで動けなくなったまま、今も巌橋の方を見て柳田國男先生の帰りを待っているのです。一方、弟の河次郎は池の中にいたので、今でも池の中から出てくることがあります。池の中をずっと覗いていると、尻子玉を抜かれるかも知れませんよ?
※この物語はフィクションです。

妖怪小屋から突如現る「逆さ天狗」。手には福崎町の特産品“もちむぎどらやき”が。噂では、この天狗がしゃべり出すのだとか。

地上高3mにそびえ立つ「鵺(ぬえ)」。全身に動物や妖怪が見え隠れしています。すべて見つけられますか?

乳飲み子を抱える「山の神」。あれ!?一匹、ほかの妖怪が混じってませんか?

どっしりと鎮座して熱い視線を送っている男前な「天狗」。

妖怪の世界ではサラリーマンとして勤める天狗の「妖怪ベンチ」。どうやらパソコンで何かを検索しているようです。気になるーー!

撮影スポット情報

福崎町観光協会

写真家情報

福崎町役場地域振興課詳細

得意分野 風景 拠点 28兵庫県 所属団体 --
分類 団体

兵庫県神埼郡福崎町の、福崎町役場地域振興課です。

▲pagetop