初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

  1. 旅と写真.com > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 【マレーシア・マラッカ】マラッカタワーからミニチュアモードで撮ると、かなりミニチュアに見える!

2017.12.01

連載トラベルガイドのアジア絶景スポット巡り

【マレーシア・マラッカ】マラッカタワーからミニチュアモードで撮ると、かなりミニチュアに見える!

トラベルガイドのアジア絶景スポット巡りVol.5

  • 旅の撮影スポット
  • 海外
  • マラッカ
  • テーマ
  • 都市
  • 連載記事
  • トラベルガイドのアジア絶景スポット巡り

マレーシアのマラッカに、マラッカタワーというアトラクションがある。煙突のような長いポールを円盤状の乗り物が高さ80メートルの位置まで登って行く。マラッカの街を一望できるので、とても人気がある。マラッカは、ユネスコ世界文化遺産にも登録されており、古い建物や史跡がたくさん残されている。このため、高い所から眺めると、もともとミニチュアのように見える。これを、さらにミニチュアモードで撮ると、かなりミニチュアに見えるのだ!

NIKON D800E ニッコール24-70mm F11 1/320秒 ISO200 +0.7補正

これがマラッカタワーである。円盤状の乗り物は360°回転しながら登って行くので、マラッカの街やマラッカ海峡をすべて見渡すことができる。

NIKON D800E ニッコール24-70mm F2.8 1/2500秒 ISO200

冒頭の写真を普通に撮影した風景がこちら。船の形をした建物は「海の博物館」。ショップハウスと呼ばれる中国風の古い建物が連なっており、もともとミニチュアのように見える。
なお、この写真、F2.8でシャッタースピード1/2500秒は、設定ミス?と思われるかもしれないが、円盤状の乗り物は回転しながらポールを登って行くので、ブレないように早めのシャッタースピードとした。

もともと、ミニチュア写真というのは、シフトレンズ、PCレンズなどと呼ばれる特殊なレンズを使って撮影されていた。アオリやシフトなどの機能を使い、光軸をずらして撮影することにより、ピントが合う場所を極端に狭くすることができるレンズだ。しかし、最近では、だいたいのカメラに「ミニチュアモード」があり、簡単にミニチュア写真を撮ることができるようになっている。

では、FUJI X-A1 というカメラのミニチュアモードで撮影した作品をご覧ください。

FUJI X-A1 ミニチュアモード

FUJI X-A1 ミニチュアモード

FUJI X-A1 ミニチュアモード

FUJI X-A1 ミニチュアモード

FUJI X-A1 ミニチュアモード

まさに、模型の街のように見えると思う。かなり‘インスタ映え‘も期待できそうではないか!
マラッカに行く機会があれば、是非マラッカタワーからミニチュアモードをお試しあれ!!

撮影スポット情報

トラベルガイド・マレーシア「マラッカタワー」

写真家情報

トラベルガイド(株)詳細

得意分野 風景 拠点 11埼玉県 所属団体 --
分類 団体

「旅と写真.com」の運営会社。マレーシアの旅行情報サイト「トラベルガイド・マレーシア」の運営も行う。
その他、海外ツアー企画、旅行コラムなどのコンテンツ提供、写真素材の販売などを行っている。

▲pagetop