初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

  1. 旅と写真.com > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 初詣のあとで立ち寄る体験博物館「房総のむら」

2017.11.28

初詣のあとで立ち寄る体験博物館「房総のむら」

大木戸を潜ると昔の町並みにタイムスリップします。

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • 印旛郡
  • テーマ
  • テーマパーク

“千葉県立房総のむら”は江戸時代後期から明治にかけて、県内各地の暮らしや年中行事などを直接体験できる博物館です。
施設内では簡単な作業による製作体験のほか、季節に合わせた生活歳時記などを紹介しています。建物の2階は展示室になっており、当時の貴重な資料を身近に見ることができます。

薬の店(佐倉堂)、酒・燃料の店(下総屋)、辻広場の右手が呉服の店(上総屋)

成田山新勝寺に近く、ちょっとした時間で立ち寄れる観光をご紹介します。
“千葉県立房総のむら”は江戸時代後期から明治にかけて、県内各地の暮らしや年中行事などを直接体験できる博物館です。
施設入口の大木戸を抜けると、先ず目にするのは道路の両側に並んだ昔の商家の町並みです。
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの映画やコマーシャルのロケ地として度々登場しています。

めし屋、そば屋、鍛冶屋など16棟が再現されており、なかに入って当時の暮らしや調度などを見ることができます。

菓子の店(あまはや)

稲荷と木工所(長柄屋) 桶の箍を職員の方が組んでいました。

この施設内で撮られた映画のポスターや写真などが展示されています。施設の管理棟

撮影スポット情報

「房総のむら」ホームページ

補足情報

年末年始の演目

[12月9日から2月25日 写真展「レンズをとおした房総のむら」 風土記のおか資料館]
[12月1日 わらぞうり 上総の農家]
[12月6日 機織 下総の農家]
[12月6日、7日 えびす講の料理 めし屋]
[12月6日、7日 えびす講 上総の農家]
[12月6日-10日 えびす講 呉服の店]
[12月8日 下総のお飾り作り 下総の農家]
[1月2日-3日 9時30分-16時 むらの正月]
[1月5日 鍛冶屋の実演 鍛冶屋]
[1月6日、7日 蹴りろくろ 瀬戸物の店]

(実演、展示のみを抜粋しました。詳細は 房総のむら ホームページをご覧下さい)

 住所:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
 TEL:0476-95-3333
 開館時間:9:00~16:30
 休館日:月曜日(ただし休日の場合は開館、翌日休館)
 年末年始(12月24日~1月1日)
 臨時休館日(9月3日、2月18日)
 入場料:大人一般300円、高・大学生150円、中学生以下 及び 65歳以上は無料。
 むらの正月期間に和服で来館の方は入場無料

写真家情報

舘 範夫詳細

得意分野 物撮り 拠点 12千葉県 所属団体 デジタブル写真技術研究会
分類 アマチュアカメラマン

硝子工芸品の江戸切子に出会ってから、輝きを表現したくて試行錯誤しながら撮影している。
自作した電動式の雲台は、商品を全方向から30カット自動で精密撮影する。サイトで連続再生できる。電動雲台の応用で、ランドスケープを動画で撮影している。

▲pagetop