初心者からプロまで、写真を愛する人のための情報サイト

旅と写真.com

  1. 旅と写真.com > 
  2. 旅の撮影スポット > 
  3. 【茨城県・ひたちなか市】国営ひたち海浜公園・チューリップ編

2016.12.06

連載日本撮影スポット巡り

【茨城県・ひたちなか市】国営ひたち海浜公園・チューリップ編

阿部吾郎の日本撮影スポット巡りVol.11

  • 旅の撮影スポット
  • 日本国内
  • ひたちなか市
  • テーマ
  • チューリップ
  • 連載記事
  • 日本撮影スポット巡り

ネモフィラを目当てにひたち海浜公園を訪れると、同じ季節に咲くチューリップも見られる。これも、ネモフィラに劣らずなかなかフォトジェニックだ。

前回の「国営ひたち海浜公園・ネモフィラ編」に続いて、チューリップ編をお届けしよう。
ネモフィラを目当てに海浜公園を訪れると、チューリップも見られる。例年、ネモフィラが満開の時期はチューリップも見頃だ。ネモフィラがあんなにたくさん咲いているのが見られるのは、少なくとも関東周辺ではここだけだが、チューリップ畑は、有名な場所が何か所かある。そういった意味では、ネモフィラの方が貴重かもしれないが、ここのチューリップ畑は他と比較しても、特徴があって面白い。
きれいだが、やや単調なネモフィラに比べてカラフルなので、ネモフィラを撮影した後にここに来ると、また違った気分で撮影ができるのもいい。

NIKON D800E ニッコール24-70mm F13 1/250秒 ISO200

チューリップに加え、八重桜もこの時期満開になる。
八重桜の前には、赤白ツートンカラーのチューリップが咲いており、なかなかいいコンビネーションだ。

NIKON D800E ニッコール24-70mm F9 1/1600秒 ISO400

八重桜の前は、アスファルトで固められた通路なのだが、ここを機関車を模したトラムが走る。
彩とりどりの花が咲き乱れる中、トラムがゆっくり走って行く。
トラムが被写体ぶれしないよう、シャッター速度を早めに設定した。

NIKON D800E ニッコール24-70mm F11 1/640秒 ISO400

NIKON D800E ニッコール24-70mm F11 1/125秒 ISO200

このチューリップ畑の特徴は、最初の写真でもわかる通り、松林の中にあるということだ。
このため、松の木に光が遮られ、晴れている日は極端な明暗差が出る。
木漏れ日を浴びたチューリップは、あたかも自ら光っているかのように見える。

NIKON D800E ニッコール70-200mm F2.8 1/5000秒 ISO200

NIKON D800E ニッコール70-200mm F5.6 1/1600秒 ISO400 -0.7補正

もう一つの特徴は、いろいろな種類や色のチューリップが密に植えられていることだ。
前後のボケを利用して、絵の具を広げたパレットのような雰囲気の写真が撮れる。
望遠で圧縮効果を利用しながら、開放で撮影したのが上の2枚だ。

見たこともないような種類のチューリップがたくさんある。
チューリップで八重咲のものはあまり見たことが無い。
下のピンクのチューリップも初めて見た。

撮影スポット情報

国営ひたち海浜公園ホームページ

写真家情報

阿部吾郎詳細

得意分野 風景 拠点 11埼玉県 所属団体 日本旅行写真家協会
分類 プロカメラマン

トラベルガイド株式会社代表・ツアープランナー・カメラマン・ライター
旅行会社で20数年勤務したのち起業。マレーシアの旅行情報サイト「トラベルガイドマレーシア」を運営、自ら写真撮影・文章執筆を行う。カメラマンとしてアジアを中心に撮影を行い、旅行会社を中心に画像素材を提供。

▲pagetop